ホーム > 地域連携・産学官連携 > リカレント教育 > 各種イベント情報 > 【第1回】東日本重粒子センター特別セミナー がん治療の新たな選択肢と地域経済への波及 「重粒子線がん治療と地域経済を考える」(2021年12月4日開催)

【第1回】東日本重粒子センター特別セミナー がん治療の新たな選択肢と地域経済への波及 「重粒子線がん治療と地域経済を考える」(2021年12月4日開催)

掲載日:2021.12.20

pic5.png pic6.png pic8.png 

pic3.png スクリーンショット (33)-2.png

2021年12月4日(土)【第1回】東日本重粒子センター特別セミナー がん治療の新たな選択肢と地域経済への波及 「重粒子線がん治療と地域経済を考える」を開催しました。 

講師を山形大学医学部東日本重粒子センターの根本建二センター長と山形大学人文社会科学部所属やまがた地域社会研究所の山田浩久所長が務め、重粒子線治療の有効性や治療費などについて、また治療を広域利用につなげるための医療ツーリズムについて話が展開しました。 

セミナーは、オンライン会議システム「Zoom」で配信され、山形県をはじめ宮城県や関東、関西、各地から100名を越える受講者が参加しました。 

受講者からはセミナー終了後「地方活性化の課題解決に向けては自社でも取り組んでいることから何か連携していければと思いました」「医療も今後、さまざまな業種と結びつくことで、付加価値のあるものに発展する可能性を知ることが出来ました」など多くの感想をいただきました。 

山形大学エクステンションサービス推進本部では、大学の知見を活かし、今後も地域のニーズに応えた教育プログラムを提供して参ります。

イベント概要 

 更新日:2021.10.29

がん治療の新たな選択肢と地域経済への波及
「重粒子線がん治療と地域経済を考える」

    セミナーチラシ_3校.jpg   

⇒詳細はこちら

山形大学医学部東日本重粒子センターにおける前立腺がんの重粒子線治療が2月25日から始まりました。重粒子センターの稼働開始は、地域経済への波及も期待できます。今回は、重粒子線がん治療の動向について解説するとともに、医療ツーリズム等の視点から、地域経済への波及について考えます。

開催日時

 2021年12月4日(土)13時30分開会 14時55分終了予定
 参加無料・要事前申込

講師

 根本 建二(山形大学理事・副学長/山形大学東日本重粒子センター長)
 山田 浩久(山形大学人文社会科学部教授/山形大学人文社会科学部付属やまがた地域社会研究所長)

受講方法

 オンライン会議システム「Zoom」
  ※インターネット通信料は、参加者の負担となります。

対象

 一般・・・「Zoom」を視聴できるインターネット環境のある方
      (定員400人)

申込方法

専用フォームより12月1日までにお申込みください。
受講申込者には、本セミナー参加に必要な情報を、開催日の前日までにメールでお伝えします。 

【専用フォーム】https://www.ocans.jp/yamagata-u?fid=WW9lch8m

注意事項

 オンラインで開催するにあたり、以下の注意事項をお読みの上、ご参加ください。

 【事前のお願い】

  • 開催日の前日までにメールでお知らせする参加者用のURLは、第三者に転送・共有をせずに、申込者のみがご利用ください。 複数人で共有されますと、本来お申し込みいただいた方が参加できなくなるなどの影響がございますので、ご遠慮ください。
  • 「Zoom」はスマート端末からも利用でき、操作が簡単なツールですが、初めて利用する場合は、「セミナーに参加できない」「音が聞こえない」「自分の声が発信されてしまう」等のトラブルが発生することがあります。 「Zoom」を初めて利用する方は、使用方法等を事前にご確認いただき、接続テストをした上で当日ご参加ください。
      ■「Zoom」ホームページ https://zoom.us/
      ■「Zoom」接続テスト用ホームページ https://zoom.us/test

 【当日のお願い】

  • 「Zoom」で受講する場合は、参加者の確認等のため、申込時の表示名を入力してご参加願います。
  • マイクおよびカメラはオフにしてご参加ください。
  • 画面の録画・録音、撮影、公開、チャットでの誹謗中傷は禁止いたします。
  • 「音が出ない」「画面の表示方法を変更したい」等、PC環境の技術的な質問には応じられませんので、 あらかじめご了承願います。 
  • シェア
  • 送る

お知らせ一覧へ