ホーム > 社会共創(地域連携・産学官連携) > リカレント教育 > 各種イベント情報 > 地図でみる山形 七日町から山形を学ぶ(2022年3月27日開催)

地図でみる山形 七日町から山形を学ぶ(2022年3月27日開催)

掲載日:2022.04.07

IMG_1611文翔館.JPG3月27日(日)、昨春に発行した書籍「地図でみる山形」の編著者である山田浩久教授をガイド講師に、山形市七日町エリア(文翔館、御殿堰、花小路、など)を巡る街歩きセミナーを開催しました。山形市中心市街地にて、まちづくり事業を行う山形まちづくり株式会社、山田教授が所長を務める人文社会科学部附属やまがた地域社会研究所、エクステンションサービス推進本部の共催で行いました。

当日は、ガイドにトランシーバーを使用するなどの感染対策を行い、県内各地から9名の参加者が集まりました。 

IMG_1433山田先生.JPG IMG_1445街歩きぼかしあり.jpg

文翔館からスタートし、御殿堰→大手筋→笹谷街道→七日町仲通り→長源寺通り→旭銀座(シネマ通り)→千歳館→花小路→遊学館のルートをたどり、最後にスタート地点の文翔館に戻るという約1時間30分の街歩きとなりました。  

実際に参加者と街を歩きながらガイドの山田教授が山形の歴史を交えて道の名前の由来や形状、街の成り立ちについて説明しました。終盤、遊学館に隣接した山形県警察招魂社まで歩みを進めると、山形の発展に大きく貢献した初代県令の三島通庸の業績について詳しく説明がありました。