ホーム > 新着情報:お知らせ > 2018年07月 > 大澤教授が「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞

大澤教授が「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞

掲載日:2018.07.10

小・中学生や高校生に体験や実験などを通じて科学研究費助成事業(科研費)による研究成果をわかりやすく紹介する「ひらめき☆ときめきサイエンス」。継続して開催した功績が認められ、本学の大澤弘典 教授が推進賞を受賞しました。山形大学では、平成25年度(2013年度)以来3人目の受賞です。

子どもたちの科学する心を育み、知的好奇心の向上に貢献したとして、これまでにプログラムを5回以上実施した研究者27名が今年度の「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞。10日、小山学長から表彰状を手渡された大澤教授は、「賞をいただきとても励みになる。これからも参加者に楽しんでもらえるイベントを開催したい」と語りました。大澤教授は今年度も同事業に採択されており、10月に「算数・数学マジックを楽しもう!~『なぜ?』&『なるほど!』の世界2018」(小学5・6年生対象)を開催予定です。

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI

科学研究費助成事業(科研費)による研究成果を、小・中学生や高校生にわかりやすく紹介するイベント。日本学術振興会が平成17年(2005年)から実施。

本学で開催するひらめき☆ときめきサイエンス

こちらをご覧ください。

  • シェア
  • 送る

お知らせ一覧へ