ホーム > 学生の皆さんへの経済的支援について(COVID-19)

学生の皆さんへの経済的支援について(COVID-19)

掲載日:2020.04.30

■情報更新日:5月28日

New!!)) 【※学外制度による支援】文部科学省による「学生支援緊急給付金」について

 文部科学省による、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で経済的に修学が困難になっている学生へ、現金を支給する事業です。制度の内容や申請については、こちらをご確認ください。

【山形大学独自支援1】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生支援奨学金を新設

 新型コロナウイルス感染症の影響により、アルバイト雇用の喪失や保護者の収入減などにより、生活が困窮する学生の皆さんへ一律10万円を貸与します。申請の前に不安がある場合も、遠慮なく各担当窓口へ相談してください。

【本件についての問い合わせ窓口】
  エンロールメント・マネジメント部学生支援課(TEL.023-628-4015)

【各キャンパス奨学担当の相談窓口】

  • 全学部1年生・人文社会科学部・地域教育文化学部・理学部
    小白川キャンパス事務部学生・キャリア支援課奨学担当(TEL.023-628-4138)
  • 医学部:飯田キャンパス事務部学務課学生支援担当(TEL.023-628-5176)
  • 工学部:米沢キャンパス事務部学務課学生支援担当(TEL.0238-26-3017)
  • 農学部:鶴岡キャンパス事務部学務課(TEL.0235-28-2804)

○利用用途:
・新型コロナウイルス感染症の影響によるアルバイト収入の減少及び家計収入の急変により生活が困窮した学生の日々の生活費等
・オンライン授業受講のための環境準備(パソコンやWi-Fi等の通信機器購入)費等

○貸与金額:
 申請に基づき、一律10万円を貸与します。
(奨学金を返還することが困難な学生には、奨学金の一部または全部の返還を免除することがあります。)

○第一次募集:200人

○募集期間:2020年4月30日(木)~5月29日(金)

○申請方法:
 奨学金の貸与を希望する学生は、貸与要領(日本語版English ver)を確認し、次の書類を Web Class で提出してください。(各様式は Web Class からダウンロードできます)

  1. 奨学金貸与申請書兼借用書(必ず提出)
  2. 預金口座振込依頼書(※)

※貸与が決定した場合、原則として登録されている授業料引き落とし口座に入金します。口座を登録していない方もしくは授業料引き落とし口座以外の口座を希望する方のみ、上記2を併せて提出してください。

※コース名は「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う山形大学修学支援事業学生支援奨学金」です。

※Web Class が利用できない学生は、各キャンパス奨学担当窓口にご相談ください。

○返済期日:
 
最長1年10ヵ月(申請月の1年後から返済開始)

【山形大学独自支援2】修学支援事業学生支援奨学金

 入学料や授業料の納付が困難になった学生の皆さんに限り、上限30万円を貸与している制度です。原則一人1回の貸与です。上記の「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う山形大学修学支援事業学生支援奨学金」と併用して申請することができます。貸与を受けた翌月から起算して、1年内に返還(最大で12回分割可能)します。関係書類を提出し、審査を受けてください。

【山形大学独自支援3】オンライン授業のための環境支援

 オンライン授業を受講するためのWi-Fi環境が十分でない学生、通信機器(PC、タブレット、スマートフォン)の取得が難しい学生への環境支援として、各キャンパスの一部教室を十分な感染症対策の上で限定開放しています。詳細は 【オンライン授業のための学習スペース開放について】 をご確認ください。

【※学外制度による支援】日本学生支援機構による奨学金

 新型コロナウイルスの影響により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります。日本学生支援機構のホームページを確認し、まずは奨学担当窓口へご相談ください。

※参考「高等教育の修学支援制度」(文部科学省2020年4月〜スタート)

 日本学生支援機構の給付奨学金と、大学による授業料等の減免が一体となった新制度です。制度全体の説明、新型コロナウイルス感染症の影響による支援が必要になった学生の皆さんへの案内は、こちらをご確認ください。

【※学外制度による支援】特別定額給付金(仮称)事業について

 国民一人当たり10万円が給付される「特別定額給付金(仮称)事業」の概要を紹介しています。お住まいの市町村から郵送されてくる通知に基づいて、各世帯での申請が必要です。必ずご家族や保護者の方と申請の流れなどについて確認してください。給付金を装った詐欺にもあらかじめ十分に警戒してください。

  • シェア
  • 送る

お知らせ一覧へ