ホーム > COC+事業 > 室長あいさつ

COC+事業

室長あいさつ

  • 山形大学COC+推進室長

出口 毅(でぐち たけし)

我が国では地域が抱える様々な課題、特に山形県では少子高齢化社会がもたらす諸問題の解決に取り組む人材を育成することが急務となっています。これらに取り組むために山形大学ではCOC事業を平成25年から地域貢献の柱として、地域志向科目の増加と地域志向の研究・社会貢献事業の展開により、学生の地域理解の増進に取り組んで参りました。今年度が最終年度ということで、取組を継続するとともに成果の検証・還元を図っております。

平成27年度に採択されたCOC+事業は、県内の高等教育機関、自治体、企業、民間団体、NPO等と連携組織を構築して県全体で課題解決の明確化と具体的な解決策の策定、実行を行うものです。具体的には、地域連携科目の必修化、学外研修科目(インターンシップなど)と課題解決科目、協働研究科目(卒業研究や修士特別研究)による学生の地域理解の増進と主体的な課題解決人材の育成により、山形県内への就職人数の増加を最大の目標としています。また、具体的には卒業生の地元就職率の10%向上をめざします。さらには、新たな雇用創出を目的として、ベンチャー企業等による新規雇用150人の創出も掲げています。これらはあくまでも数値目標であり、最終的には多くの若者が自ら地域の課題を的確に理解し、解決策を策定・実行していくたくましい人材に育つことにあります。地域社会の将来を担う、たくましい若者が、世代や立場を超えて多くの人々を巻き込んで地域の活性化に取り組み、その結果として、県内での若者の地域定着率の向上と新規雇用創出が継続的に生み出される社会へと転換することをめざします。その基盤を形成することが今回のCOC+事業に参画する大学や自治体、NPO等の連携する組織に共通した課題です。

平成29年度より、山形大学では地域教育文化学部が中心となって事業を進める体制になりました。本事業では同じ方向に向かって意識を共有し、継続的に取り組むことが求められています。未来の山形県に資するということは、地域教育文化学部の使命とも重なりますので、これまで以上に前向きに本事業に取り組みたいと存じます。皆様のご理解とご協力、ご支援を心よりお願い申し上げます。

アーカイブ一覧

アーカイブ一覧

キーワードで記事検索

ページトップ

ページトップ