ホーム > 社会共創(地域連携・産学官連携) > 社会共創 > 各種取組 > エリアキャンパスもがみ

各種取組

エリアキャンパスもがみ

「エリアキャンパスもがみ」は、最上地域において、本学固有の教育研究施設を持たずに、市町村の有する施設を活用して事業を展開するソフト型キャンパスです。大学と地域の協働による新しい連携モデルとして、最上地域の人材育成と活性化及び山形大学の学生の課題探究能力の育成のため、教育活動(授業科目の開講)やもがみ活性化事業を実施しています。

各種取組一覧へ