ホーム > 図書館・博物館・病院・附属施設 > 教育研究推進組織

教育研究推進組織

東北創生研究所

の画像

 東北創生研究所は、平成24年1月1日、学部の枠を越えた全学の英知を結集し、東北地方における新しい自立分散型社会システムの創生を目指すため、上山市にある山形大学総合研究所に設立しました。
 本研究所は、東日本大震災において従来の一極集中型の社会システムがもたらす様々な問題が浮き彫りになったことなどを踏まえ、自立分散型社会システム及びその基盤となる新たな社会構造等のモデル構築について、3つの研究部門(社会創生研究部門、産業構造研究部門、食料生産研究部門)を設置し研究を推進しています。

東北創生研究所ホームページ

COC推進本部

 文部科学省の平成25年度「地(知)の拠点(COC)整備事業」として山形大学が申請した「自立分散型(地域)社会システムを構築し、運営する人材の育成」事業が採択されました。
 山形大学では、山形大学COC推進本部を設置し、その下に、COC事業の推進機関として山形大学COC推進室を置くとともに、COC事業に関する重要事項を審議し、事業推進を評価する機関として各地域からも委員を出していただいて山形大学COC推進委員会を設置し、さらに、各事業実施地域(山形県、山形市、米沢市、鶴岡市、上山市、真室川町、戸沢村)にCOC地域推進部会を設置して、上記COC事業を積極的に推進しています。

COC推進本部ホームページ

COC+推進本部

 山形大学では、地域と協働し実施している各種事業を基に、地域を志向した教育プログラムを開発するなどして、地元に就職し地域の課題解決に資する人材を養成する等により、地域全体の雇用創出及び地元就職率の向上を図ることを目的に、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)を行うために必要な組織を設置しています。

COC+推進本部ホームページ

知的財産本部

 山形大学知的財産本部は、職務発明規程その他の諸規則に従い、国立大学法人山形大学における知的財産の取扱い及びこれに関する権利の取得、管理及び運用を行います。

国立大学法人山形大学知的財産本部規程

有機材料システム研究推進本部

PDF(936KB)の画像
PDF(936KB)

 

 平成27年3月1日、山形大学有機材料システム研究推進本部を新設しました。米沢市にある6施設、8センター(有機エレクトロニクス研究セン ター、有機エレクトロニクスイノベーションセンター、蓄電デバイス開発研究センター、ライフ・3Dプリンタ創生センター、グリーンマテリアル成形加工研究センター、ソフトバイオマテリアル研究センター、有機材料システムフロンティアセンター、有機ICTシステム研究所、第一世代有機システム実証工房スマート未来ハウス)を統括し有機材料分野の研究拠点化を推進します。

男女共同参画推進室

 山形大学は、地域に根ざし世界をめざす大学として、多様な価値観に基づく教育・研究を推進し、県内はもとより、東北地区、さらには全国の中にあって模範となる「男女共同参画」の実現された大学となるように、男女共同参画を一層推進することをここに宣言します。

「山形大学男女共同参画推進宣言」平成21年1月23日より

男女共同参画推進室ホームページ