ホーム > 教育・研究 > 研究紹介動画・ポスター > 研究紹介動画2016 > よりよい家族支援、関係者支援のあり方を目指して

地域教育文化学部

よりよい家族支援、関係者支援のあり方を目指して

准教授 臨床心理学

佐藤 宏平(さとう こうへい)

心理学の学習を通じて科学的な思考法を身につける、学部・大学院それぞれのレベルに応じた資格取得も可能の画像
心理学の学習を通じて科学的な思考法を身につける、学部・大学院それぞれのレベルに応じた資格取得も可能

家族療法-身近な方々への支援

私の専門は、心の問題の成り立ちやさまざまな問題に対する支援のあり方について探求する臨床心理学です。特に問題を抱えていると考えられているご本人に対して直接支援させていただくというよりは、ご家族をはじめとする身近な方々(学校の先生方、職場の同僚)に対して支援を行う家族療法について研究しており、これまで抑うつや、不登校・ひきこもり支援に関する実践研究や実証的な基礎研究を行ってきました。

講義中、学生同士で意見交換をしながら考えを深めるの画像
講義中、学生同士で意見交換をしながら考えを深める

よりよい支援のあり方を模索する

ところで、私たちは問題に直面した際、つい問題に目が奪われがちになりますが、さまざまな問題には“ゆらぎ”がみられ、問題が大きく深刻なときもあれば、問題が存在しない(あるいは比較的軽い)とき(=例外・解決)もあります。また問題に対して有効でないばかりか問題を大きくしてしまう対処行動(=悪循環)がある一方で、問題の改善に有効と思われる対処行動(=良循環)も存在しています。

地域の心理的サポートを担う「心理教育相談室」は学生が実践力を養う大切な場の画像
地域の心理的サポートを担う「心理教育相談室」は学生が実践力を養う大切な場

これら例外や解決、良循環に焦点を当て、問題の減少よりも解決の増大を重視する考え方はソリューション・フォーカストと呼ばれ、近年カウンセリングのみならず教育や児童福祉の領域でも広まりを見せています。今後こうした観点からよりよい家族支援、関係者支援のあり方を模索していきたいと考えています。