ホーム > 就職支援・キャリア支援 > 新着情報 > 【更新:講演予定等】本学のインターンシップが文部科学省全国最優秀賞を受賞しました!

【更新:講演予定等】本学のインターンシップが文部科学省全国最優秀賞を受賞しました!

掲載日:2019.09.02

山形大学のインターンシップが全国最優秀賞を獲得

~低学年・地域密着型の取組みが文部科学省から高く評価~

【本件のポイント】

  • インターンシップを実施する大学等を文部科学省が今年度から初めて表彰、山形大学のインターンシップが第一回最優秀賞を獲得
  • 大学1年生からキャリア意識を高める取り組みや、本学と山形県中小企業家同友会との組織的な連携が高く評価
  • 本インターンシップに対する学生満足度は98%、キャリア意識や学習意欲の向上など、履修学生の進路選択活動にも大きな役割を果たす

 

【概要】

文部科学省では、インターンシップ(企業等での職業体験)のさらなる充実に向けて、大学等が実施するインターンシップを公表する制度を平成30年2月に創設しました。同制度には、全国163校の大学や高等専門学校等が自校で実施する、インターンシップ計302プログラムが登録されています(平成29年度実績)。

そのプログラムの中から、他の大学等や企業へのモデルとなるインターンシップを表彰する制度が今年度創設され、山形大学が同制度初の最優秀賞に選出されました。(最優秀賞1校、審査員特別賞1校、優秀賞6校)※届出制度163校のうち審査対象大学等は77校(大学68校、短期大学校5校、高等専門学校4校)

 

【山形大学のインターンシッププログラム】

 「フィールドワーク 山形の企業の魅力(プレインターンシップ)」(平成29年度:1年生43人が参加) 

   

  • 評価ポイント①:低学年(1年生の授業として開講、早期の就業体験を通じてキャリア意識を高める)
  • 評価ポイント②:地域連携(受入先を地元中小企業に絞り、中小企業の理解促進につなげる)
  • 評価ポイント③:モニタリング(参加学生のキャリア意識等の変化を追跡調査し、効果を検証)

   

    ※受入企業:山形県中小企業家同友会に加盟企業の内25社

 

【今後の展望】

学生へのキャリア・就職支援を充実

本学の特徴である基盤共通教育を通じて、低学年からのキャリア教育の質向上を目指していきます。(基盤共通教育キャリア系科目履修者は学生約2,000名(平成30年度前期・後期科目合計)

本学のキャリア教育は、日本経済団体連合会「今後の採用と大学教育に関する提案(平成30年12月4日)」にある「初年次におけるキャリア教育」を先駆けて取り組んでいます。今後は、学生と地域で働く人との接点を増やすなど、地域企業と連携したキャリア・就職支援を充実させ、地域創生・若者の地域定着に貢献します。

インターンシップの普及への取り組み

  インターンシップの普及に向けて、山形大学のプログラムのPR・発信を各シーンで継続していきます。

《 講演予定等 》

  •  2019年1月10日 平成30年度COC+シンポジウム「オールやまがたによる若者定着を目指して」にて、 山形県中小企業家同友会社員共育委員会委員長が報告
  • 2019年1月29日 独立行政法人日本学生支援機構主催「平成30年度インターンシップ専門人材セミナー~基礎編~」にて、松坂准教授がパネルディスカッションに参加
  • 2019年1月30日 中小企業家同友会全国協議会主催のイベントにて、山形県中小企業家同友会共同求人委員会委員長、社員共育委員会委員長、松坂准教授が講演
  • 2019年2月26日 東北インターンシップ推進コミュニティ(東北地方の各大学連携組織)主催の研修会にて、松坂准教授が講演
  • 2019年3月8日 福島大学COC+公開シンポジウム「学生にプラス、企業にプラス、地域にプラス~COC+による人づくり~」にて、松坂准教授が講演
  • 2019年4月23日 米沢商工会議所主催「インターンシップ導入企業向けセミナー」にて、松坂准教授が講演
  • 2019年5月22日 長岡技術科学大学実務訓練委員会主催「第40回実務訓練シンポジウム」にて、松坂准教授が講演
  • 2019年6月7日 鹿児島県中小企業同友会求人・共育委員会鹿児島中央北支部主催のイベントにて、松坂准教授が講演
  • 2019年6月28日 北海道中小企業同友会共同求人委員会主催のイベントにて、山形県中小企業家同友会共同求人委員会委員長と松坂准教授が講演
  • 2019年7月12日 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)・一般社団法人 産学協働人材育成コンソーシ(CIAC)主催のフォーラムにて、松坂准教授がモデレーターを担当
  • 2019年9月1日 日本インターンシップ学会第20回大会(@近畿大学)の自由研究発表にて、松坂准教授と山本美奈子准教授が発表 

        ※上記以降も、様々な地方圏の中小企業団体や自治体、大学等から講演依頼をいただいています。

《 本インターンシップの効果検証に関する研究 》

本インターンシップ参加学生および受入企業の調査・分析の結果をまとめた松坂准教授と山本美奈子准教授の論文が学会誌(査読あり)に掲載決定しました

・「中小企業インターンシップの教育的効果の検討-低学年次を対象としたプログラムに着目して-」,『キャリアデザイン研究(日本キャリアデザイン学会)』(掲載予定)

・「中小企業団体と大学の産学連携インターンシップ」,『産学連携学(産学連携学会)』(掲載予定)

 

【参考】

 インターンシップに関する届出や表彰の各制度の詳細については、文部科学省のHPをご覧ください。

●大学等におけるインターンシップ制度の公表について(文部科学省)http://www.mext.go.jp/b_menu/internship/1401051.htm

●大学等におけるインターンシップ表彰の申請について(文部科学省)http://www.mext.go.jp/b_menu/internship/1408338.htm

  • シェア
  • 送る

新着情報一覧へ