ホーム > 教育・研究 > 注目の研究:複合領域

注目の研究複合領域

本当に男性は女性よりも衝動的か?~脳機能から見る男女の違い~

掲載日:2015.11.17

 脳波計測を利用した心理実験から、衝動性をコントロールする抑制機能は、注意制御の段階において、脳機能レベルで男女の差が生じることがわかりました。さらに男性においてのみ、その差が個人の注意制御能力の高低と関係していることを明らかにし、性差に特異的な抑制機能の脳内メカニズムの存在を発見しました。

No g o条件時にN2振幅の男女差が認められた部位と衝動性の注意制御尺度得点との相関関係: 男性の方がマイナス方向にN2振幅の絶対値が大きく( 男性> 女性) 、注意制御の能力が高いほど、そのN2振幅が大きいの画像
No g o条件時にN2振幅の男女差が認められた部位と衝動性の注意制御尺度得点との相関関係: 男性の方がマイナス方向にN2振幅の絶対値が大きく( 男性> 女性) 、注意制御の能力が高いほど、そのN2振幅が大きい

プレスリリース

  • シェア
  • 送る

注目の研究[複合領域]一覧へ