ホーム > 学部・研究科・基盤教育 > 学部 > 農学部

(学部名をクリックすると学部のページが開きます)

分野横断型の教育体制で育む複眼的で総合的な判断力。
食料と生命と環境科学の課題解決に挑む。

  • 人間にとって不可欠な食、そして近年大きく取り上げられている環境問題に深く関わる農学部は、その研究成果が地球の未来に直結しています。農学部はこれまで、食料、資源、環境などの問題解決に関する社会の要請に、研究などを通して応えてきましたが、私たちが直面する課題は時代とともにより複雑で多面的になり、大規模化しています。
  • こうした時代にあっては、専門分化した知識や技能の修得だけでなく、「広義の農学」に含まれる食料・生命・環境に関する多面的な諸課題を理解し、 複眼的で総合的な判断力やバランス感覚を修得する必要があります。この状況に対応すべく、従来の学問体系にとらわれることなく、世界の農業や農学の動向を総合的に学習し、多様な知の修得と活用を促す分野横断型の教育体制を構築しています。

教育の特色

  1. 入学後1年間の農学導入教育
  2. 興味や適性に合わせたコース選択
  3. 進路に合わせた履修プログラム選択
  4. 地域創生や国際化に対応できる総合力をも重視した新たな教育体制

農学部 学科・コースと学べる分野

農学部食料生命環境学科アグリサイエンスコース 果樹園芸学、観賞植物学、栽培土壌学、作物育種学、作物学、食農環境会計学、食農環境経営学、食農環境経済学、食農環境社会学、食農環境政策学、食農環境地理学、植物病理学、生産機械学、畜産学、動物生態学、バイオマス資源学、野菜園芸学
バイオサイエンスコース 栄養生理学、応用微生物学、食品栄養化学、食品創製科学、植物遺伝・育種学、植物遺伝資源学、植物栄養学・土壌学、生物有機化学、動物機能調節学、農産物生理化学、発酵制御学、微生物資源利用学、分子細胞生化学
エコサイエンスコース 里山創生論、森林影響学、森林資源利用学、森林生態学、森林保全管理学、水利環境学、農村環境学、農地環境学、森づくり論、流域保全学、林政学

取得可能資格

  • 食料生命環境学科:測量士補(申請中)、食品衛生管理者及び食品衛生監視員(任用資格)、樹木医補(申請中)、自然再生士補(申請中)、食の6次産業化プロデューサー(レベル3)、GIS学術士(申請中)

農学部ホームページ