ホーム > 学生生活 > 学費・授業料免除・奨学金 > 奨学金について

奨学金について

 修学資金を援助するために、日本学生支援機構、地方公共団体及び民間団体等が、奨学事業を行っております。
 奨学金には、貸与型(返還義務有)と給付型(返還なし)があり、経済的困難者や学業優秀者を対象としたもの等があります。募集案内があったものについては、その都度掲示板やホームページで周知します。

奨学金情報の周知について

 奨学金の募集案内、奨学生に対する各種の連絡等、奨学金に関する情報は、必要とする者が自主的に確認しなければならず、個別の連絡は行いません。掲示板やホームページ等を確認しなかったことによる手続き漏等があっても、本人の意志となりますので、定期的に掲示板やホームページ等を確認してください。

 在学生用 高校生用
■ 日本学生支援機構奨学金 ■ 日本学生支援機構奨学金(予約採用)
■ YU Do Best 奨学金 ■ 山澤進奨学金
■ インテグリスSTEM奨学金 ■ 土田秀也奨学金
■ 山形大学修学支援事業学生支援奨学金  
■ 地方自治体・民間等奨学金  

■ 経済的に困難な学生が活用可能な支援策(文部科学省)

日本学生支援機構[奨学金制度] 新着情報

災害救助法適用地域の世帯の学生に対する支援について[2024.7.12]New

 この度の災害により被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。
 日本学生支援機構奨学金では、災害救助法適用地域で被災したことにより家計が急変し奨学金を希望する方からの、家計急変採用(給付奨学金)、緊急・応急採用(貸与奨学金)の申込みを通年受付けています。なお、災害救助法の適用を受けない近隣地域であっても、同等の災害に遭った場合は適用地域に準じて取り扱います。
 奨学金を希望する学生は、所属キャンパスの奨学担当へご連絡ください。

 災害救助法適用地域
  2024.7.9追加 令和6年7月9日からの大雨災害にかかる災害救助法適用地域

 その他の支援について
  奨学金のほか、下記の支援についてもご確認ください。
   JASSO災害支援金(日本学生支援機構)
   風水害等の自然災害による被災学生への授業料免除支援(山形大学)

【給付奨学金】在籍報告(令和6年4月未報告者)[2024.4.25]

 日本学生支援機構の給付奨学金を受給している学生のうち4月に在籍報告を提出(入力)しなかった方は、5月分は振込保留の状態です。
 下記期間中にスカラネット・パーソナルから「在籍報告」を提出することで振込保留が解除されますので、引続き給付を希望される方は必ず期間内に提出してください。
 提出期間 令和6年5月7日(火)~26日(日)(入力可能時間:8:00-25:00)

 詳細はこちらをご確認ください。

【給付奨学金】在籍報告(令和6年4月)[2024.4.15]

 日本学生支援機構の給付奨学金を受給している学生は、スカラネット・パーソナルから「在籍報告」を提出(入力)してください。提出しなかった場合、奨学金が停止しますので、必ず期間内に行ってください。
 提出期間 令和6年4月15日(月)~4月24日(水)(入力可能時間:8:00-25:00)

 詳細はこちらをご確認ください。

令和6年度 在学採用の募集について[2024.4.11]

 日本学生支援機構の奨学生(給付・第一種・第二種)を募集します。詳細はこちらをご確認ください。

 申請書配布期間は、令和6年4月12日(金)~4月26日(金)までです。

 期限間際になると、その後の手続きの期限が短くなる可能性がありますので、早めの申し出をお願いいたします。

※学部の日本人の方(新入生)で、入学手続きの際、第一次申請書において「入学後に給付奨学金を申し込む」にチェックをしていた方の「入学料・授業料減免の第二次手続き」とは、この給付奨学金等に関する申請を行うことを指します。

令和6年度在学採用(家計急変採用、緊急・応急採用)について[2024.4.11]

 生計維持者の失業、破産、事故、病気、死亡、災害等によって家計が急変し、緊急に奨学金が必要となった学生等を対象とした給付奨学金(家計急変採用)及び貸与型奨学金(緊急・応急採用)については、年間を通じて随時申込みを受け付けています。
 申込みには条件がありますので、事由発生後、至急所属キャンパスの奨学担当へご相談ください。

【申込期限】
 ・給付奨学金(家計急変) 事由発生後、3ヶ月以内
   ※2024年4月入学の方で、2022年1月~2024年3月までに発生していた場合は、進学後3ヶ月以内
 ・貸与型奨学金(緊急・応急採用) 事由発生後、12ヶ月以内

 なお、やむを得ない事情(学生等本人の病気、家族の看護、災害等による被災、実習中、学校が閉鎖されているなど)があり、申込期限が過ぎた方は、所属キャンパスの奨学担当へご相談ください。

在学猶予について[2024.4.11]

 詳細はこちらをご確認ください。

 入力期間は 令和6年4月12日(金)~ 令和6年5月20日(月)です。

留学時特別増額貸与奨学金について[2024.3.19]

 令和6年度から国内貸与奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金)の貸与を受けている奨学生を対象として、追加貸与の申請を受け付けます。
 詳細はこちらをご確認ください。

 なお、令和6年度以降においては、海外短期留学のための貸与奨学金(第一種奨学金(海外協定派遣対象)、第二種奨学金(短期留学))は、募集を行わなくなりましたことを申し添えます。

【令和6年度奨学生採用候補者】入学後の手続きについて[2024.2.27]

 令和5年度中に日本学生支援機構奨学金の予約採用に申し込み「奨学生採用候補者」となった方は、入学後にインターネットによる進学届の提出(入力)が必要です。期日までに入力ができなかった場合、受給ができなくなりますので、余裕をもって手続きしてください。

※学部の日本人の方(新入生)で[給付奨学金]の採用候補者となっている方の「入学料・授業料減免の第二次手続き」とは、この各手続き及び必要書類の提出を行うことを指します。

 詳細はこちらをご確認ください。

【令和6年度入学の給付奨学生採用候補者】自宅外月額の早期支給について[2024.2.20]

 令和5年度より、給付奨学生採用候補者の自宅外月額に係る審査が進学前より開始されることとなりました。期限までに不備のない申請書類を提出した場合、審査が前倒しされ、初回振込月より自宅外月額の交付が始まります。

 詳細はこちらをご確認ください。

【大学院・第一種貸与奨学金関連】令和5年度 特に優れた業績による返還免除について[2024.1.15]

 大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、貸与期間中に特に優れた業績を挙げた者として、大学からの推薦に基づき、日本学生支援機構が認定した場合に、貸与期間終了時に第一種奨学金の全部または一部の返還が免除される制度があります。

 詳細はこちら(小白川、飯田、鶴岡キャンパスに所属している学生向け)をご確認ください。
 ※米沢キャンパスに所属している学生は、工学部ホームページをご覧ください。

 申請期間:令和6年1月18日(木)~2月13日(火)※申込期間厳守

【大学院進学予定者・第一種貸与奨学金関連】令和6年度 修士課程及び専門職学位課程進学予定者に係る採用時返還免除内定制度について[2023.12.19]

 修士課程及び専門職学位課程(以下「修士課程等」という。)進学時に、該当過程で貸与を受ける予定の第一種奨学金の返還免除を内定する制度です。(今年度は、本学の専門職学位課程の推薦枠はありません。)

 詳細はこちらをご確認ください。 
   書類一式の提出期間:令和6年1月17日(水)~1月26日(金)※申込期間厳守

令和6年度大学院貸与奨学金の予約について(2回目)[2023.12.18]

 令和6年4月に山形大学大学院に進学を希望する方(博士課程・博士後期課程へ進学する方を含む)を対象に、日本学生支援機構の奨学生を募集します。
 進学後の貸与奨学金の予約を希望する方は、令和6年1月19日(金)までに進学予定の大学院の所属キャンパスの奨学担当へご連絡ください。

 ◆対象:令和6年4月に本学大学院に進学を予定しており、高度の研究能力を有し、
     経済的理由により修業に困難があると認められる方
 ◆募集奨学金:第一種奨学金(無利子)第二種奨学金(有利子)
 ◆申請書類配布期間:令和6年1月19日(金)まで

 申請書類受取後の、申込み手続きの期限は、所属キャンパスによって異なりますので、各キャンパス奨学担当へご確認ください。

【給付・貸与奨学金】奨学金継続願に関する手続きについて[2023.12.8]

 日本学生支援機構の奨学生は、毎年1回、学業を続けていくために奨学金が継続して必要か否か、奨学生自身が判断し、「奨学金継続願」の手続き(入力)を行う必要があります。入力の完了が確認できない場合、奨学金の振込が止まりますので、期限までに必ず手続きを行ってください。

【手続き期間】令和5年12月15日(金)~令和6年1月19日(金)の8:00~25:00
       ※年末年始の12月29日(月)~1月3日(日)は入力できません。


 詳細はこちらをご確認ください。

【給付奨学金】在籍報告(令和5年10月未報告者)[2023.10.25]

 日本学生支援機構の給付奨学金を受給している学生のうち10月に在籍報告を提出(入力)しなかった方は、11月分は振込保留の状態です。
 下記期間中にスカラネット・パーソナルから「在籍報告」を提出することで振込保留が解除されますので、引続き給付を希望される方は必ず期間内に提出してください。
 提出期間 令和5年11月6日(月)~11月13日(月)8:00-25:00

 詳細はこちらをご確認ください。

【貸与奨学金】令和6年3月貸与終了予定学生への資料配付について[2023.10.16]

 日本学生支援機構の貸与奨学金について、卒業等で令和6年3月に貸与終了する学生へ、資料を配付しております。期限までに提出が必要な書類もありますので、受領次第、確認してください。

 詳細はこちらをご確認ください。

令和6年度大学院貸与奨学金の予約について[2023.9.12]

 令和6年4月に山形大学大学院に進学を希望する方(博士課程・博士後期課程へ進学する方を含む)を対象に、日本学生支援機構の奨学生を募集します。
 進学後の貸与奨学金の予約を希望する方は、令和5年10月20日(金)までに進学予定の大学院の所属キャンパスの奨学担当へご連絡ください。

 ◆対象:令和6年4月に本学大学院に進学を予定しており、高度の研究能力を有し、
     経済的理由により修業に困難があると認められる方
 ◆募集奨学金:第一種奨学金(無利子)第二種奨学金(有利子)
 ◆申請書類配布期間:令和5年10月20日(金)まで

 申請書類受取後の、申込み手続きの期限は、所属キャンパスによって異なりますので、各キャンパス奨学担当へご確認ください。

給付奨学生の適格認定(家計)に伴う支援区分の見直しについて[2023.9.6]

 日本学生支援機構にて奨学生本人及び生活維持者(父母等)の経済状況に応じた支援区分の見直しが行われ、10月以降の支援区分が決定されています。
 詳細はこちらをご確認ください。
 スカラネット・パーソナルから支援区分の見直しの結果を確認してください。
  (初めてスカラネット・パーソナルを利用する方は、新規登録が必要です)

令和5年度 在学採用(二次採用)の募集について[2023.9.4]

 日本学生支援機構の奨学生(給付・第一種・第二種)を募集します。詳細はこちらをご確認ください。

※前期に給付奨学金の認定を受けられず不採用となった方も申請できます。

令和5年度における支援策の実施について[2023.4.24]

 日本学生支援機構で支援を実施しています。
 詳細はこちらをご確認ください。

問い合わせ先

所属担当窓口
【小白川キャンパス】
 各学部 1年生(システム創成工学科除く)
 人文社会科学部・地域教育文化学部・理学部 2年生以上
 養護教諭特別別科
 社会文化創造研究科・理工学研究科(理学系)
 教育実践研究科
学生センター内
学生支援課学生支援担当
 023-628-4138
【飯田キャンパス】
 医学部 2年生以上
 医学系研究科
学務課学生支援担当
 023-628-5176
【米沢キャンパス】
 工学部 2年生以上
 工学部システム創成工学科
 理工学研究科(工学系)・有機材料システム研究科
学務課学生支援担当
 0238-26-3017
【鶴岡キャンパス】
 農学部 2年生以上
 農学研究科
学務課学務担当
 0235-28-2804